TAKKさん:「Hypnotic Sanitarium~ほろ酔い保健医の乳首責め催眠~」

2011.07.15(金)06:43:35


かなり本格的に催眠を研究されているサークルTAKKさんから、デビュー作品がリリースされました。
ほろ酔い+学校の保健医というシチュエーションのとってもスローテンポな作品です。

Hypnotic Sanitarium~ほろ酔い保健医の乳首責め催眠~

ジャケはなぜかラテン系な実写の女性の方。2次元にしか慣れていないので作品紹介ページを開いただけで心が溶けかけました。
そう、催眠音声はジャケ絵から始まっているのです。
初っ端からオルゴールを延々聞かされる構成に度肝をぬかれるのはまだ早いです。
矢乃前かやさんのとろんとした演技は、「ほろ酔いでろれつのあんまり回っていない保健医」をパーフェクトに演じていると言えるでしょう。
言葉のひとつひとつの粒立ちを抑えて、聞き取りにくくすることで、音声に集中させるというテクニックは、これまでの催眠音声のアプローチとは少し異なる手法なのかもしれません。
ところどころ会話についていけなくなる演出は、こちら側が言っているであろう言葉に対してのリアクションをイメージさせる事でその世界への没入感と現実感のはざまを揺さぶり続けることで、変性意識状態と通常意識状態の間をシナリオ的な穴埋めをリスナーに求めることで行き来させ、脳の意識状態に特異な状態を作り出すことに成功しているかもしれません。また、語尾をあえてはっきりさせないことで、脳がその言葉を補完させるキーワードを過去の経験から取ってくる探索的な働きが催眠状態に誘導する下地を作るというテクニックと思われます。
体育の授業をさぼって昼下がりの保健室でほろ酔い保健医とまったりとすごす時間。
校庭から聞こえる自分のクラスの授業の声、少しの背徳感と開放感を同時に味わう学生ならではの感覚。
20分ほどのボイスドラマを聴き終えてから始まる導入は、自律訓練法と深呼吸をベースにしたシンプルな構成です。
エロパートは相当近い距離感と存在感のあるエロい声によって、保健室でいやらしい保健医さんに気持ちよくされてしまうという感じが出ています。この抑えた吐息と感じてしまう声は保健室というパブリックスペースで行為にいたっている背徳感を十分に味わえます。
ほろ酔い保険医ということで、かなりスローテンポな作品ですので、ゆったりと広い心で全てを受け入れられる人にお勧めです。

総再生時間:72分
タイトル:Hypnotic Sanitarium~ほろ酔い保健医の乳首責め催眠~
サークル:TAKK――Trance Audiophile’s Kinky Klan
シナリオ:TAKKさん
声:矢乃前かやさん


関連記事




bana1


当サイトは全ページリンクフリーです。

メディア掲載


SPA!2011/3/8発売号

「男の新開発オナニー」
超快楽講座

TVBros.2011/11/9発売号
「ブロスブックマーク」
130528hb
SPA!2013/5/21発売号
「抜き単価を下げる裏ワザ」

 

記事アーカイブ